一般社団法人 日本道経会

一般社団法人 日本道経会

日本道経会は、「道徳経済一体」の理念に基づき、産業人教育の推進ならびに繁栄と永続の企業の創造につとめ、 経済倫理の確立および経済界の安定的発展に寄与し、地球市民の一員として社会に貢献することを目的としています。

令和2年度全国通常総会・記念講演会【中止】のご案内

令和2年3月25日(水)

5月21日に開催を予定しておりました『令和2年度全国通常総会・記念講演会』は、昨今の新型コロナウィルス感染拡大の影響等を鑑み、開催を中止することとなりました。 参加のお申し込みをいただいた皆様には大変申し訳ございませんが、何卒ご理解頂きますよう切にお願い申し上げます。

なお、通常総会で予定しておりました議案については、後日送付する書面にて代えさせていただきます。

全国通常総会・記念講演会に関するお問い合わせは、日本道経会本部事務局にて承っております。

活動予定

令和2年4月9日~18日
9日(木)
10日(金)
11日(土)
12日(日)
13日(月)
14日(火)
15日(水)
16日(木)
17日(金)
18日(土)

新年経済講演会を開催【岐阜支部】

活動報告
令和2年2月10日
  • 事務局長
浅野 龍介

令和2年1月21日(火)岐阜グランドホテルにて毎年恒例の新年岐阜経済講演会を開催致しました。講師には、(公財)モラロジー研究所特任教授、元ダイキン工業(株)常務取締役の二宮清氏をお迎えしました。

昨年、岐阜支部の相談役の澤田栄作様が逝去され、支部内の求心力が低くなり参加人数の減少が心配されましたが、愛知、三重両支部の会員の方、岐阜県モラロジー経済同友会の会員の皆様に参加いただき130名程になりました。

今回は開催10日前に地元の岐阜放送のラジオ伝言板に出演させていただき、この講演会のPRをさせて頂きました。本当に感謝しております。

演題は「変わりゆく社会やビジネスの仕組みとその対応について」でした。

動画を入れながら分かりやすくお話いただきました。二宮講師は童謡・唱歌の研究家でもあり、シャンソン歌手の加藤登紀子様との共著で「こころに生きつづける歌」の本を発行されています。新年ということで講演のなかに童謡の解説と鑑賞の時間を取らせていただきました。

【講演要旨】

グローバル化の進展と情報通信技術の急速な進展によって、我々の暮らし方や人間の価値観が大きく変化している。ビジネスの分野においても、産業構造自体従来の枠組みを超えた新しいビジネスが展開されてきている。

世の中の変化の具体的事例として①平均寿命100歳時代の到来、②ものの価値よりも、ものを持たないことの価値が芽生え、人との交流や経験を感動を大切に考える価値観へ、又ライフスタイル重視の生き方が重視され、服よりもライフスタイルを求める。ユニクロの情報製造小売業の例。あるいは1990年代に生まれたZ世代の情報拡散力、③産業構造の変化→超スマート社会へ、④経済社会の変化で非貨幣経済の進展、シェアリングビジネスの普及⑤ロボットや人工知能の普及、AIを搭載したドローンによる宅配サービス等動画を入れながら学ばせていただきました。

世の中は物と事から成り立っており物づくりから事づくりに変化してきており、事は情報で表現され、ビジネスモデルは情報で事を作る時代になってきている。このような時代に対応する心構えとして、「リラックス」のための余暇の活用はリ・クリエーション自己再生に取り組み、変化(チェンジ)をチャンスにする。CHANGEのGをCに変えればCHANCEになる。人間の心の働きを知・情・意のバランスの上に正しい意志決定をすることが最も重要である。そして、情報と心の融合“Infomind”が大切である。

最後に「理想を行為に翻訳するのが人生である」新渡戸稲造博士の言葉で締めくくられました。講演の合間に童謡の早春賦・里の秋 鑑賞し、なごやかな雰囲気で講演会が出来ました。皆様方にも喜んでいただけたと思います。

コラム

「もちこたえる力」が試される時

東京オリンピックの開催が2021年に延期と発表となり、安堵すると共に選手はもとより、複雑に絡み合う利害関係者の調整に困難が来すことが必至の情勢です。 どのように日本的三方善が図られるのかが注目されることにもなります。 コロナウイルスインパクト。世界が未体験ゾーンの「まさか」に見舞われています。 今朝方、ピークアウトしたと思われる中国のお客様から「日本が大変な時だから」と言ってマスクが1,000枚送られてきました。いずれ近いうちに終息するという前向きなエールと...続きを読む