一般社団法人 日本道経会

一般社団法人 日本道経会

日本道経会は、「道徳経済一体」の理念に基づき、産業人教育の推進ならびに繁栄と永続の企業の創造につとめ、 経済倫理の確立および経済界の安定的発展に寄与し、地球市民の一員として社会に貢献することを目的としています。

活動予定

令和2年12月3日~12日
3日(木)
4日(金)
5日(土)
6日(日)
7日(月)
8日(火)
【開催中止】 南九州...
9日(水)
令和2年度道経一体経...
10日(木)
11日(金)
奈良支部 12月度忘...【埼玉支部】 12月...大阪互敬塾 12月例...
12日(土)

【京都支部】例会を開催

活動報告
令和2年11月16日
北出 幸裕

コロナ禍により上半期の活動を見合わせていましたが、今年度初めての例会を開催いたしました。

■開催概要

日時:2020年10月16日(金) 18:00受付開始、18:30開会

場所:ザ・リッツカールトン・京都

講演会:18:30~19:00 ホテル責任者によるご講演

講演テーマ:「一流のホスピタリティを生むリッツ社員教育とコロナ対応力」

懇親会:19時00分~21時30分(フレンチフルコース)

参加者:34名

■講演①

題名:リッツ・カールトンの社員研修

講師:中村千晴ラーニング・クオリティーマネージャー

内容:ザ・リッツ・カールトン京都の社員研修について

  • 特別なことをしているわけではないが、誰でも知っていて誰でもできることを毎日徹底している。
  • 大事にしているポイントは、①同じ方向をむく、②強化する、③感じる、の3点。
  • クレドに沿って「何のために仕事をしているか」を毎日の朝礼で確認し、それぞれの現場で実行している。
  • いい取り組みをお互いに評価し合い、その背景にあるストーリーを共有し、それぞれが自身の現場で実践している。

■講演②

題名:リッツ・カールトンのコロナ禍対応

講師:小林忠洋バンケットオペレーションズ・アシスタントマネージャー

内容:ザ・リッツ・カールトン京都のコロナ対応について

  • 検温と消毒を入口だけではなく、施設内でも行い、ダブルチェックができる体制をとっている。
  • 結婚式の披露宴なども含めて基本的には扉は開放している。
  • ルームサービスを提供時は靴を脱ぎ、感染拡大の予防に努めている。

リッツ・カールトンのお二人からは最高級のおもてなしの裏側にある工夫と努力を学びました。今後の活動に対して大きなヒントをいただきましたので是非自社でも実践したいと思います。第二部では、約半年ぶりに顔を合わせた仲間と最高級の料理とおもてなしを体験し、自身の経営に繋がる気付きとヒントをいただきました。改めて我々自身が多くの人に支えられていると実感しました。

未曽有のコロナ禍の中、多数の方にご参加いただき、非常に有意義な時間を過ごせました。参加者それぞれが、企業活動および私生活での自粛によりオンライン活動の可能性を実感しているようではありましたが、対面コミュニケーションの必要性を再認識した例会だったと思います。非常に貴重な経験により、参加者それぞれが次なる一歩を踏み出すきっかけになったものと思います。

コラム

新しい日常の自分(ひと)づくり

令和2年4月に新型コロナウィルス感染拡大防止の観点から、緊急事態宣言が全国的に発令され、国民・企業・事業者に対し感染拡大の防止に向けた行動を強く推進するよう呼びかけられた結果、今までのビジネスの流れが一変いたしました。 ビジネス商談の中心が、ウェブによる活動に移行され戸惑いを覚えている経営者の方々も多いのではないでしょうか。 しかしながら、会議やミーティングの手法が変わるだけで、人と人のつながりや信頼関係に変化があるわけではありません。 最近の電子機器を操作...続きを読む