一般社団法人 日本道経会

一般社団法人 日本道経会

日本道経会は、「道徳経済一体」の理念に基づき、産業人教育の推進ならびに繁栄と永続の企業の創造につとめ、 経済倫理の確立および経済界の安定的発展に寄与し、地球市民の一員として社会に貢献することを目的としています。

活動予定

令和2年9月22日~10月1日
22日(火)
23日(水)
24日(木)
奈 良 経 済 講 ...長崎支部 令和2年9...
25日(金)
26日(土)
27日(日)
28日(月)
29日(火)
30日(水)
1日(木)

福井支部が福井県と福井市にガウンとマスクを寄贈

活動報告
令和2年8月19日
  • 福井支部幹事
寺下敏弘

令和2年7月16日(木)に日本道経会福井支部として福井県、福井市に対して医療用ガウン1200着とサージカルマスク(医療用)4000枚を寄贈させていただきました。今年に入り新型コロナウイルスの影響で支部活動中止が続き、例会ができない状態で何か予算の有効活用ができないかと相談をしていた矢先、6初旬に本部事務局より日本道経会理事で東京支部会員の㈱辻洋装店様の「医療用アイソレーションガウン」のご案内をいただきました。

早速、福井支部幹事の方々にお諮りいたしたところ全員の快諾をいただきこのような形になりました。尚、医療用サージカルマスクは福井支部会員である(株)ミヤゲン様にご手配いただきました。

福井県の杉本知事そして福井市・東村市長から「感染の第一波の時にはマスクや防護服が足りなくなった。第二波に備えて準備しなければ、という時期に寄贈いただいた」とそれぞれ謝辞をいただき、我々も最前線で頑張ってくださる医療従事者の皆さんに少しでもお役に立てればと考えております。医療用ガウンとサージカルマスクは各医療機関や保健所に配布される予定になっています。

コラム

「もちこたえる力」が試される時

東京オリンピックの開催が2021年に延期と発表となり、安堵すると共に選手はもとより、複雑に絡み合う利害関係者の調整に困難が来すことが必至の情勢です。 どのように日本的三方善が図られるのかが注目されることにもなります。 コロナウイルスインパクト。世界が未体験ゾーンの「まさか」に見舞われています。 今朝方、ピークアウトしたと思われる中国のお客様から「日本が大変な時だから」と言ってマスクが1,000枚送られてきました。いずれ近いうちに終息するという前向きなエールと...続きを読む