一般社団法人 日本道経会

一般社団法人 日本道経会

日本道経会は、「道徳経済一体」の理念に基づき、産業人教育の推進ならびに繁栄と永続の企業の創造につとめ、 経済倫理の確立および経済界の安定的発展に寄与し、地球市民の一員として社会に貢献することを目的としています。

活動予定

令和元年12月15日~24日
15日(日)
16日(月)
17日(火)
18日(水)
19日(木)
20日(金)
21日(土)
22日(日)
23日(月)
24日(火)

令和元年度 助成制度のご案内

ご案内
2019年10月01日
  • 一般社団法人日本道経会 会長
佐藤 進

一般社団法人日本道経会は平成27年度より「道徳経済一体〈道経一体〉事業」に対して、助成金を支出することになりました。

その趣旨や詳細はリンク先の「助成のご案内」および「募集要項」をご覧下さい。
申し込みの締め切りは本年12月31日です。

多数のみなさまの応募や推薦をお待ちします。

講演例会を開催【東京支部】

活動報告
令和元年11月10日
  • 株式会社ECマーケティング人財育成
石田 麻琴

令和元年10月16日(水)、東京支部 10月例会・講演会が新宿・京王プラザホテル ハーモニーの間で行われ、有限会社がんばれ社長・代表取締役社長の武沢信行氏を講師にお迎えし講演会を行いました。

【講演要旨】

「令和時代の志経営のあり方」と題し、経営とは何か経営者とは何か、と題しご講演いただきました。

武沢氏が定義する企業の「4K」。高成長、高収益、好財務、そして好待遇。好財務という視点では自己資本比率の高い会社が増えているようです。これは経営者が数字に対して「クレバー=賢く」なったといえる部分もあれば、「事業投資のリスクを負わなくなった」ともいえます。「4K」の上場会社に情報・サービス系の若い会社が多いのも、それを表しているのかもしれません。

「ホームページを自分達でつくってみなさい」武沢氏はおっしゃいました。自分達でつくるとインターネットを介してお客様に伝えたいことを、自分自身で「再確認」することができます。私自身も全く同意見。普段思っていることが、武沢氏の言葉によって、背中を押してもらえているような講演でした。まさに経営者を応援する「がんばれ社長!」でした。

コラム

令和元年度海外研修旅行「学術都市ボストンとニューヨーク」を実施①

日本道経会視察旅行を終えて 10月8日(火)、清々しい朝を迎え、佐藤会長を中心に総勢12名と少人数ではありましたが、いざニューヨーク・ボストンへと旅立ちました。 最初に訪れたのは、ボストンです。ボストンはアメリカ独立戦争の発端の地となった街で街並みはレトロな建物が多く、落ち着いた都市です。そして訪れたのはボストンの隣にあるケンブリッジ市であのジョン・F・ケネディも学んだと言う名門ハーバード大学のキャンパスを散策し、当時の面影が残った教会や図書館の前でそれぞれ記念写...続きを読む