一般社団法人 日本道経会

一般社団法人 日本道経会

日本道経会は、「道徳経済一体」の理念に基づき、産業人教育の推進ならびに繁栄と永続の企業の創造につとめ、 経済倫理の確立および経済界の安定的発展に寄与し、地球市民の一員として社会に貢献することを目的としています。

活動予定

令和2年1月20日~29日
20日(月)
21日(火)
新年 岐阜経済講演会
22日(水)
23日(木)
24日(金)
25日(土)
26日(日)
27日(月)
28日(火)
29日(水)

三重・愛知視察研修旅行を実施【神奈川支部】

活動報告
令和元年12月10日
  • 事業部会長
佐谷 欣一

令和元年10月24日(木)~26日(土)、三重県伊勢市にある、(株)真珠漬本舗様へ神奈川支部会員18名で視察研修にお伺いいたしました。入口では社員の皆様にお出迎えをいただき、本社工場を見学させていただいた後、子会社である(株)まる天様の工場を見学させていただきました。工場では多くの従業員さんが手作りで一つ一つの商品を調理し梱包する丁寧な姿が印象的でした。

その後、別室で丸田会長のお話を拝聴いたしました。設立当初は宝石として真珠の販売を行い、その後真珠の養殖を手掛けてきたそうです。真珠漬けとは真珠の養殖で使用した、アコヤ貝の貝柱などを加工したお漬物だったそうです。現在ではアコヤ貝自体が少ないので、違う海産物等を使って提供をしているということです。

工場建設のお話では、経営の厳しい状況の中、お父様の夢をかなえるために自分たちで作業を行い費用を出来るだけ安く抑えたこと、その工場は新たな事業展開を行う上で非常に役立ったとのことです。神様がお父様の口を借りて工場建設を進めてくれたと仰っていたことが印象的でした。

翌日のニュースでアコヤ貝の大量死のニュースを耳にしました。丸田会長や真珠産業に携わる皆様のご苦労をお察しいたします。新規事業を含めてますますのご発展を祈念いたします。

25日は令和元年を記念して、伊勢神宮へお参りに行きました。あいにく昨日から大雨で出発時間を2時間程度遅らせて出発をしました。それが功を奏したのか参拝をする時だけ雨が止み、傘を使わずに参拝が出来ました。天皇陛下の即位の礼の虹の様に奇跡的な出来事でした。普段から善い行いをしていると、この様なことが起こるのだと感じ私も良い行いを沢山しようと思いました。

3日目は帰路、愛知県から静岡県に入り浜松市天竜区に有る『本田宗一郎 ものづくり伝承館』に立ち寄りました。本田宗一郎さんのものづくりに懸ける情熱と人となりが感じられて、道経一体、三方善に通じる物を感じました。

昼食は創業140年を超える老舗のうなぎ屋中川屋さんで昼食をいただきました。外はカリッと焼かれ、中はふわっとした柔らかさ、タレも昔ながらの秘伝のタレだそうで、とても美味しくいただきました。

今回の宿は会員企業のご協力をいただき、エクシブグループの鳥羽別邸とラグーナベイコートに宿泊をさせていただきました。贅を尽くした建物と従業員のサービスと食事、どれも素晴らしいおもてなしをいただきました。優雅で最高の時間を味合わせていただきました。ご協力をいただいた皆様本当にありがとうございました。

コラム

気力を高めて道経一体経営の推進を

日本道経会の会員のみなさま、新年あけましておめでとうございます。 昨年は年号が令和となり新天皇が即位され、祝賀ムードで年を終わりました。 一方自然環境の変化で豪雨による水害が多発し、各地に甚大な被害をもたらしました。各地域における早い復興を心より願うばかりであります。 一方経済に目を向けると、米中の貿易問題が深刻感を深めております。日本の経済運営、外交運営が非常に難しい時代に入ったように思います。 今年はオリンピック・パラリンピック開催の年、5年先には...続きを読む