一般社団法人 日本道経会

活動報告(互敬塾)

千葉支部「初のweb会議開催」を開催

活動報告(互敬塾)
令和2年04月09日
  • 代表幹事
光安 輝雄

世界を震撼させている「新型コロナウイルス感染拡大防止」による集会制約があり、令和2年3月11日(水)に予定した千葉支部幹事会の開催実施をためらわずにはいられませんでした。

その様な状況の中、大金事務局長に開催方法等について幹事全員の意向確認をお願いした所、風澤俊之幹事より「ビデオ会議の提案」があり開催可能か調べてもらいました。福原幹事が即対応可能との回答があり取り組むことにしました。

■福原幹事より
「web会議決定を受けて、Skype採用としパソコンやスマートフォンの専用アプリ等未設定幹事宅を各戸訪問し設定と操作方法のお手伝いをしました。設定後本人操作でテスト実施。事前に開催日時を徹底し、当日1時間前に一部で通信テストを実施した。会議で資料の画面だしや発言者の画面等の調整をし、無事会議終了した。」

開始まで不安がありましたが以下参加者の感想の通り成功に開催できました。

■参加者の感想

  • インターネツト環境に差があり、声が聞き取りにくい等、多少の不都合がありましたが通常の会議とweb会議を比べても大差はないと感じました。
  • 音の通りもよく使えると思いました。資料を表示したり大きさを変えたり進行にあわせて画面をコントロールし見事でした。
  • 不慣れな所もあり、途中でつながらなくなりましたが、問題点も改善したので次回からは大丈夫だと思います。次回はPCで行ないますので大丈夫。

■次回に向けた提言

  • 各人の不具合点、操作不明箇所など確認し、マニュアル作成したい。またSNSやメール等支部活動に必要な設定をしたい。今後の留意点「通信費がかかるのでwifi使用を推薦。電話回線使用は周囲で電話使用していると通信状況が悪化する。」
  • 人類は最大の敵「ウイルス」と世紀を超えて戦ってきました。その度に新しい時代を築き続け現代に続いているものと思います。
  • 大袈裟ですが今回『コロナウイルス』事件で思わぬ貴重な体験をさせてもらいました。この陰の功労者は、いち早く提言を取り上げ、間髪入れずに準備対応してくれた大金事務局長および福原幹事、そして異論なく取り組んでくれた幹事の皆さまです。

開催決定から時間が少なかったので、どうなることかと不安でしたが、滞りなく会議が出来たことに嬉しく思い、また同意してくださった皆様に感謝申し上げます。

■今後の活用
Skype会議は一つの方法、緊急時や都合のつかない時に活用等多くの方のweb会議の活用提案があり今後も支部活動に活かしていきたいと考えています。