一般社団法人 日本道経会

一般社団法人 日本道経会

日本道経会は、「道徳経済一体」の理念に基づき、産業人教育の推進ならびに繁栄と永続の企業の創造につとめ、 経済倫理の確立および経済界の安定的発展に寄与し、地球市民の一員として社会に貢献することを目的としています。

活動予定

令和2年7月5日~14日
5日(日)
6日(月)
7日(火)
8日(水)
9日(木)
10日(金)
11日(土)
12日(日)
13日(月)
14日(火)

【三重支部】経済講演会を開催

活動報告
令和2年3月10日
  • 実行委員長
竹内 巧

令和2年2月18日(火)、都ホテル四日市にて経済講演会を開催しました。講師に、長崎支部副代表幹事・MBI の原孝司氏をお迎えし「今、企業に求められるもの」~徳づくりの経営の現代的課題と実践~と題し、実例を交えながらご講演を頂きました。

【講演要旨】

今日の社会はコンビニエンスストア等の過剰競争に加え、供給過剰や価格競争で顧客の奪い合い、技術進歩のスピードは年々早くなり、インターネットやキャッシュレスへの対応は激化しています。

そういった技術進歩が速くなるにつれて、道徳がなければ利益追求に走ってしまい本当に大切な不変的なモノが見えにくく経済活動がおかしくなることがあります。企業に求められるものは、人を作り社会を豊かにすること。自我だけで経済活動をするのではなく、地域の皆が豊かになる三方よしを実践していくことが、人を育て社会を豊かにすることと学びました。

商品を作るために自社だけでなく、仕入先ともより良い関係を作ることでここに徳が生まれる。徳が生まれれば徳が入った商品が生まれる。

「人を益し喜んでもらうためにはどうすればよいかと思う心が道徳なり。」今すぐにでも実践できるような内容で心のセンタリングをさせて頂きました。

懇親会では初めてアトラクションを入れて、参加者全員自己紹介とくじ引きを行いました。地域の互敬塾生や三重支部新入会の会員様も加わり、大変盛りあがりました。皆様のご支援で素晴らしい会になったことに感謝します。

コラム

「もちこたえる力」が試される時

東京オリンピックの開催が2021年に延期と発表となり、安堵すると共に選手はもとより、複雑に絡み合う利害関係者の調整に困難が来すことが必至の情勢です。 どのように日本的三方善が図られるのかが注目されることにもなります。 コロナウイルスインパクト。世界が未体験ゾーンの「まさか」に見舞われています。 今朝方、ピークアウトしたと思われる中国のお客様から「日本が大変な時だから」と言ってマスクが1,000枚送られてきました。いずれ近いうちに終息するという前向きなエールと...続きを読む